WORK FLOW

初回打ち合わせからお引渡しまでの流れ

最初のお打ち合わせから、建物が完成してお客様へお引渡しするまでの流れを説明致します。

ヒヤリング
▼
クライアントの家族構成、要望、敷地の状況などをお聞きします。
ラフプラン作成
▼
簡単なプランを作成します。ここまでの作業は無料で行います。
基本設計
▼
設計契約後、本格的なプランを作成します。ラフプランと全く変わってしまっても、クライアントが満足するまで徹底的に検討します。
実施設計
▼
基本設計に基づき、細かい部分の設計をします。
役所への申請等も平行して行います。
施工業者選定
▼
実施図面に基づき見積もりを取ります。施行業者はクライアントの指定業者でも構いません、無ければこちらで信頼できる業者を何社か御紹介致します。
工事監理
▼
図面の通りに施行されているかチェックを行います。
引渡し 工事が完了しいよいよ引渡しです。

設計料について

一般的に設計料とは設計+現場監理を含めたもので、総工事費の10%位と言われていますが、私はこの算定方法に矛盾を感じています。同じ大きさ同じ間取りの家でも使う材料や設備によって工事費は変わるものです、設計料がそれに比例してしまうというのはおかしな話だと思いませんか?

私は設計料とは建物の規模・クライアントの要望・こだわりにより個々に算定するべきだと考えます。

例えば、キッチン、浴室などに既製品(システムキッチンやユニットバス)を採用する場合とそれらを特注にする場合とでは設計者の労力はかなりの違いがあります。プレゼン用の模型やパースにしてもクライアントの要望により作成するべきであると思います。

という事で当事務所では、設計料のローコスト化を図ることも可能であると考えます。目安としては坪当たり6万円~とお考え下さい。

まずはお問い合わせ下さい。
きっとお客様に満足していただけるプランをご提案できると思います。

Copyright(C) MY Corporation All Rights Reserved.